知覚過敏の原因

医療器具

歯磨きで削られてしまう

知覚過敏の原因で意外と思われるものが、歯磨きの仕方です。間違った磨き方で歯のエナメル質を削ってしまうことが原因です。それを防ぐには、歯ブラシはやわらかめタイプを選ぶと良いでしょう。

歯を溶かしてしまうもの

私達の身のまわりには、酸性のものがたくさん存在しています。身近の炭酸飲料やアルコールの過剰摂取してしまうと、歯が溶けてしまうリスクがあります。歯が溶けるということは、エナメル質が溶けるということでもあるので、知覚過敏につながってしまいます。

寝ているときも

食べ物の影響を受けていると思いがちな知覚過敏ですが、寝ているときの歯ぎしりが原因を招くことがあります。歯ぎしりによって歯が削られるので、放置しておくと危険です。そのため、歯ぎしりを治し方を知り、治療を推奨します。

歯医者に相談しよう

歯周病は歯茎が後退する歯の病気です。歯周病は知らない間になってしまう怖いもので、進行すると知覚過敏を発症する原因になります。そのため、歯医者で適切な処置を受けることが大事です。

痛みなども伴う

虫歯は、最もなりやすいと言われています。虫歯による歯に穴があくと、むき出しの状態になるので知覚過敏を招きやすくなります。この場合、痛みやしみるなど症状が起こります。そうならないためにも虫歯は歯医者で早期発見が大切です。